menu
2021/02/11(木・祝) 13:00上映開始

夕張りすた

夕張支線ノスタルジア

37分
西田知司監督

2019年3月31日をもって、127年の歴史を持つJR北海道石勝線夕張支線が廃線となった。作者は夕張炭鉱が栄え、夕張支線の乗客数が多かった時代を知る世代ではないが、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭に行くため、毎年のように夕張支線を利用してきた。運行最終日のキハ40の車窓から見える夕張の雪景色に、鉄道ファンや地元の方々の言葉や想いが織り込まれる。

  • グランプリ&シネガーアワード

湖底の空

112分・一部字幕
佐藤智也監督、※イ・テギョン(※コメント出演)

空(そら)と海(かい)は、日本人の父・高志と韓国人の母・チスクの間に生まれた一卵性双生児の姉弟。大きな湖があり、民族芸能が盛んな韓国・安東(アンドン)で生まれ育った。現在、28歳となった空は中国・上海でイラストレーターとして働き、出版社に勤める日本人の男性・望月と知り合う。異郷の地で暮らす二人は、似たような境遇から親密な関係を築きつつあった。空の双子の弟・海はインターセックスだったため、性別適合手術を受けて女性となり、名前を海(うみ)と変えていた。海は空と望月の恋愛を後押ししようとするが、空は何かに追い詰められ、精神的に不安定になっていく…。

©Nissy Home Video  /  ©マレヒト・プロ